株式会社日本エウレカ


Snap・Box

鮮度維持装置のDENBA+など世界初の空間静電波技術を搭載した、独自特許技術のDENBA(EUREKA) technologyで鮮度を保持し、ロス率軽減で美味しさそのままに保ちます。鮮度保持については日本エウレカへ。

食品の関連情報

食品(しょくひん、食べ物、独: Lebensmittel、羅: alimentum)は、人間が食事で摂取する物。最初の食品は母乳。地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカンや缶詰が挙げられる。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

食品が傷むのは菌が増殖してしまうからです。冷凍すれば菌の増殖を抑えることができますが、氷の粒が細胞を傷つけて味が変わったり、栄養素が失われるという欠点がありました。そこで氷点下になっても凍結しない鮮度維持装置を開発しました。低温なので菌の増殖を抑制しながら、水分子に働きかけて氷を発生させないので細胞をそのまま保つことができ、味も栄養素もそのままで長期間の保存ができるようになりました。また最新の鮮度維持装置には電子エネルギーを発生させて食品の酸化も防ぐ能力もあり、見た目も変化なく保存をすることができます。これによって大幅なロスカットが実現し、食品を無駄なく使い切ることができるようになりました。廃棄に伴う経費も削減できるようになりました。
Tagged on: , 株式会社日本エウレカ