株式会社オフィスK - ものまねプロダクション / マーナ


[会社URL:http://www.monomane-k.com/publics/index/86/

Snap・Box

ものまねプロダクション「株式会社オフィスK」は、ものまねタレントとして人気急上昇中のMr.シャチホコが所属。イベント・結婚式・忘年会・新年会・お祭りなど、お客様のご希望に合わせてタレントを全国に派遣致します。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

人材派遣の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

Mr.シャチホコといえば和田アキ子のモノマネで大ブレイク中の芸能人です。特筆するべきはモノマネのクオリティー。和田アキ子自身が特徴的な立ち振る舞いとキャラクターからモノマネの対象になることが多いですが彼の場合はモノマネに入る前の段階からすでに声色が似ており、違和感を感じさせません。テレビなどの映像作品では和田アキ子の恰好で出演することが多く、恰好も服装、メイク、髪型が特徴をよくとらえています。さらにモノマネの内容も歌ではなく、バラエティー番組での喋りを対象としており視聴者にとって身近なイメージの和田アキ子を再現しています。「君は、何してはる人なの」「あんた、腕上げたな」など独特な台詞回しのチョイスも和田アキ子の喋りのイメージをよく表せています。そのクオリティーを生かしてラジオ番組「オールナイトニッポン」2018年10月放送の生放送に出演した際には、和田アキ子のふりをして司会の岡村隆史に電話をかけて本物の和田アキ子として振る舞い岡村を混乱させるドッキリが仕掛けられました。さらに番組に合流して姿を見せた後、岡村隆史が番組途中まで本物の和田アキ子として扱うことで、視聴者に対しても深いインパクトを与えました。この放送を聞いていた多くのリスナ―がネタ晴らしのときまで完全に騙されていたのではないでしょうか。岡村隆史が言うには「(生放送中に岡村本人に電話が掛かってきて)少しイントネーションが違うからおかしいなと思った。それと番組乱入はもうしないと言っていたので今回の電話は少し違和感を感じた。」と語っていましたが、逆に言えば付き合いの長い芸能界の人間でも少し違和感を感じる程度で確実に偽物と断言できないほどに似ていたと言えます。実際岡村隆史が電話で対応していた際のやり取りはまさしく芸能界のドンと呼ばれる和田アキ子とそれに応対する後輩芸人という感じであり、疑問がありながらも騙されてしまったようです。また、現在は和田アキ子のモノマネが有名になりましたが、Mr.childrenのボーカル、桜井和寿や桑田佳祐などのモノマネも得意でありモノマネ芸人としての活躍が期待されます。
Tagged on: , 株式会社オフィスK - ものまねプロダクション / マーナ