札幌の注文住宅・新築・リフォームのことなら藤和建業株式会社


Snap・Box

札幌の注文住宅・新築・リフォームはパナソニックビルダーズグループの「藤和建業 株式会社」にお任せ下さい。パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」にも対応。品質・価格・サービスの全てにおいて満足する家作りを提案いたします。

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌は四季の変化を楽しめる魅力的な街です。しかし豪雪都市としても知られています。札幌で生涯安心して住み続けられる家づくりをしたいのなら注文住宅を選ぶのが最適です。より理想的な住まいとするには、こちらの思い描く生活空間を具体的なカタチにして提案してくれる業者を見つける必要があります。業者により得意な分野もあるので、インターネットを利用してあらかじめ調べておきましょう。中でも地域密着型の営業方針で知られる藤和建業株式会社なら自由設計のメリットを最大限生かした家づくりが可能です。そして近年頻発する地震による被害では、壁の少ない家や全体のバランスが良くない家は倒壊しやすいというデータがあります。大地震発生の際、家は家族の生命を守る最後の砦でなくてはなりません。このような理由から最近は建物の耐震性や耐久性への関心が高まりつつあります。藤和建業株式会社ではテクノストラクチャー工法を採用しています。これはオリジナルの部材を住宅の梁に用いることで地震や台風、降雪に強い建物にすることができる工法です。構造計算書には柱一本一本に加わる力まで綿密に記されています。この構造計算は、必ずしも書かれるものではなく職人の経験や勘で済まされているケースも少なくありません。緻密な構造計算書があるというのは、それだけ安全な建物が建築できる業者であるという証明でもあります。テクノストラクチャー工法なら耐震性能が落ちると言われる広い吹き抜けのような間取りでも、安心して選ぶことができます。更に藤和建業株式会社では注文住宅だけでなく、リフォームや増改築など住まいに関することなら親身になって相談に応じてくれます。カタログや資料の請求、メールでの相談もすることができますが、まずは休日に家族揃ってモデルハウスを見学してみましょう。耐震性を追求した建物とはどのようなものか、実際に体感することで新居への新たなイメージが湧くかもしれません。
Tagged on: , 札幌の注文住宅・新築・リフォームのことなら藤和建業株式会社