JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人


[会社URL:https://www.journey-factory.com/

Snap・Box

東京で工房を構えるリメイク・リペア専門店JOURNEY FACTORY。これまで携わったジーンズのリペア・リメイクは10.000本以上。デニムで有名な児島でリメイク工房経験を積んだ職人が担当致します。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人気を集めているジーンズ修理の専門店には腕の良い東京の職人たちが集まっています。これまでに手掛けてきたジーンズの数は10000本以上にも上り、多くの人々から信頼されている専門店であることがわかります。リペアはもちろんのことリメイクも得意で、職人たちはジーンズの生産地としてよく知られている岡山県でリメイクの経験を積み重ねてきました。男性だけではなく女性向けのリメイクも行っており、ニーズに合わせたリメイクが提案してもらえます。ジーンズのリペアには5つの方法があり、標準リペアや修復リペア、当て布リペアや補強リペア、配色リペアの中から気に入ったものを選ぶことができます。例えば標準リペアの場合は破れた部分をジグザグステッチで補強するという方法で、ヴィンテージ風にリメイクしたいという人や少しくらいダメージが目立っても気にしないという人におすすめです。強度が生まれるため、実用性もあります。標準リペアの工賃は3センチX3センチが1000円で、10センチX15センチは3000円になります。これ以上の大きさになると、別途見積もってもらう必要があります。見積もった後に工賃が変更することはないため、安心して任せることができます。修復リペアはダメージをわからないように直したいという人に向いています。ダメージのある場所が生地に同化するような仕上がりになりますが、工賃は高くなってしまいます。また生地の仕上がりも堅くなります。修復リペアの工賃は3センチX3センチが2500円で、5センチX10センチは4500円になります。これ以上の大きさを修復する場合には、見積もってもらう必要があります。ただし注意点としてストレッチ系のデニムは完成度が低くなってしまい、修復リペアができないタイプもあるため予め相談しなければなりません。リメイクやリペアを依頼する場合にはヒアリングシートに必要事項を入力し、写真も添付することができます。
Tagged on: , JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人