大雄山セントラルクリニック


[会社URL:https://www.touichikai.com/overnight/

Snap・Box

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人間の体の中には、血液を浄化するような大切な機能を持っている臓器がふたつあります。それは腎臓と言われる小さな二つの部分からなる臓器ですが、体の背中側についています。腎不全という病気があります。腎不全の病気が進むと、もはや自分で血液の浄化をすることができなくなります。そんな場合でも、病院で人工透析を受けることさえできれば、普通の日常生活を送ることができます。人工透析術は、ご承知のように、きわめて長い時間がかかります。一回当たり人工透析するのに7時間から8時間も時間がかかりますので、これは治療というよりは、時間との戦いということができます。いま腎臓病を抱える忙しい人たちのために、画期的な治療方法が提案されています。それはオーバーナイト透析です。具体的にその手順を述べてみましょう。 週1回、金曜日の夜、仕事が終わったら病院を訪問して、オーバーナイト透析術を受けます。気になる保険診療ですが、オーバーナイト透析でも保険の別途負担がありません。オーバーナイト透析は、22時30分から入室するができます。そのままベッドに横たわり、翌朝の土曜日に、ベッドの上で目覚めるというわけです。当然ですが、その間に人工透析器で人工透析を行います。人工透析にかかる時間は7時間から8時間です。深夜の時間を利用して人工透析をしてくれる病院はまだあまり多くありません。ですがオーバーナイト透析を一度でも利用できれば、それで、それが大好きとなります。それだけ自分の時間を犠牲にしなくてよいということになるからではないでしょうか。オーバーナイト透析にはもうひとつ大きな特徴があります。それは最新の BV計を使って患者の状態を観察するので心配がないということです。睡眠中の血圧測定の必要がなくなりますので、そのぶん、より快適に睡眠をとることが可能です。深夜の透析をしてくれる病院でも、度重なる血圧測定は、患者の睡眠時間を阻害します。その点、BV計による循環動態の管理は、人工透析を受ける患者さん達の十分な睡眠を保証してくれることになります。
Tagged on: , 大雄山セントラルクリニック